今日も明日もバイク中心

YZF-R25とグロムとモンキーに乗る男が、バイク中心に感じたことを書き散らす日記。

排気量の壁、そして新たな力を・・

タイトルが哲学的っぽいが大した話ではない。

いや、オレにとっては哲学的を飛び越えて重大な話なのだ。

バイクは楽しい。これはバイクに乗ってる人なら周知の事実だろう。

だから、いつでも何時でもバイクに乗っていたい。多分乗ってる人なら分かってくれるだろう。

 

 

そこでオレは会社でバイク通勤が出来ないかと上司に聞いてみた。

オレ「この会社ってバイク通勤って出来るんスか?」

上司「出来るよ。バイク何cc?」

オレ「250ccすね。」

上司「あー駄目だわ、ココ125ccまでなんだよね。」

オレ「えっ」

 

もちろんこんなフランクに話してない。超丁寧語で話したくらいだ。

・・そうじゃない。問題は内容だ。r25では通勤ができないのだ!

モンキー(ドノーマル)もあるが、通勤する道の大半が抜け道が無い国道だ。通勤時間になると渋滞の列が出来あがるのは想像に難くないだろう。そしてみんなピリピリしだす、これも想像に難くないだろう。

そんな道に30キロ前後でモンキーを走らせてたら・・お分かりいただけただろうか、色々マズいことが起きる。原付一種ではキビしいのだ。

もちろんモンキーのボアアップも考えたが、経費を計算したら新しく原付二種買った方が安いんじゃね?という判断に至った。

改造モンキーのフォルムって個人的に好きじゃないんだよね、特にエンジン回りが。配線だらけでサイバー化(?)しててスッキリしてない。乗れば超楽しいんだろうけど。そういえば乗ってる人みんなニコニコしてるよね、モンキーの魔力か。

ホントにスゴいんだよモンキーってのは。あの小さい車体には夢とか希望とかそういう在り来たりの言葉じゃ表せないようなモノが・・・

 

マズいマズい、モンキーのことで終わってしまいそうだ。

とにかく新しく通勤用のバイクを買いたいなと。やべぇ、言いたいこと言うまでに500文字以上使っちゃった。エコじゃねーな。ここからは短くやるか。

前回、前々回の試乗記事はもちろん通勤用に考えている候補である。

通勤なら操作が楽でシート下に荷物が詰めるスクーターが最適なのかもしれないが、そうじゃない。そうじゃないんだ。実にそうじゃないんだ。

元々バイクの免許を取ろうとしたキッカケはクラッチ、シフト操作に魅かれたからだ。

 

止まるときにも足を付いてなきゃいけないし、走れば手足使ってガチャガチャやらなきゃならないし、バイクって不便じゃん。

でも乗ってる人は口を揃えて目を光らせながら「mtバイクって楽しいよ」って言うじゃん。興味持っちゃうよね。で、免許取ったの。まあ楽しいね。もはや教習所の実技の時点で楽しかったね。

 

という思いがあるくらい俺の中ではマニュアル操作というのは外せないのだ。通勤とはいえ楽しくないと乗る意味がない。

とは言っても125cc以下mtだと国内ラインナップではオフ系とミニバイク系の二つとなる。だからklx125とz125proに乗ったんだ。125mtを知るために。うむ、やっぱ変わらず楽しかったわ。

だから125mtの購入を決めた。神のご神託により・・・いや決まってない。

バイクの置き場、買うモデル、買うお金の工面(これ一番大事)なに一つ決まってない。ただ今日は決意しただけ。

だからいつ買うか分からない。でもいつかは買う、絶対。

なんかココに書いとけば、いつも大志を抱き続けられそうな気がして書いた。

 

短くするって言ったけど結局長くなっちゃった。

要するに今回は、通勤用にバイクを増車する(?)という話でした。ちゃんちゃん。

 

・・タイトル詐欺だなコリャ。このタイトルじゃ排気量大きいのに乗り換えるみたいじゃん。でもなんかカッコいいからそのままにしとこ。壁は高いだけじゃないという事でご勘弁を。

(追記)klx125が生産終了だったみたい、だからオレが買う頃には国内ラインナップがミニバイク系だけになってる可能性が高い。輸入バイクも検討してみるか・・・