読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も明日もバイク中心

YZF-R25とモンキーに乗る男が、バイク中心に感じたことを書き散らす日記。

水戸に行った話

YZF-R25 新しい趣味

昨日の土曜日のことだ、茨城県水戸市偕楽園というヒジョーに心安らぐ場所がある。この時期だと梅の花が咲いていて中々の絶景だ。

 オレがまだ小さい頃に1回来たことがあるらしく、当時の写真も見せてもらった。

あぁ、ずいぶんと綺麗じゃないか、コレは。行こう、行かねば、いざ参られよ。偕楽園へ・・・

 

 

はぁ、もういいや。

 

もうさ、偕楽園さ、オマエだよオマエ。ちょっとこっち来て・・・

あのさ、どんだけ人居るんだよ!渋滞渋滞ジュータイですよジュータイ!オレ史上最も嫌いな渋滞ですよ!しかもあと50mくらいのところで列をなしてんの、この行けそうで行けない渋滞が渋滞の中でも1番嫌いだわ!てか渋滞って何回打ってんだよ!

7時に出て9時に着いて「うわ、ちょっと早かったんじゃね?」と思ったら全ッ然遅かったね!やっぱ凄いね偕楽園、ナメてたね偕楽園

てか人が多すぎてゆっくり梅とか見れねーし、ダメじゃんと。だから外周回って雰囲気だけ楽しんで終わりにしましたとさ、めでたしめでたし。

 

 

 

・・さすがにコレじゃ水戸まで行った意味がない。いや有るんだけどさ、なんかねーかなってグーグル先生に泣きついたら「徳川ミュージアム」が近くにあると教えてくれた。ありがとう先生、やっぱ頼りになるぜグーグル先生。

 

f:id:primarycell:20170305151443j:plain

着いた。なんでも徳川家についての資料館みたいなところらしい。ちなみに画像が小さくて分かり辛いが周回バスの名前が助さん号と格さん号である。芸が細かいな。

 

f:id:primarycell:20170305145648j:plain

徳川家康が使用いていた軍扇や

 

f:id:primarycell:20170305145530j:plain

徳川光圀が実際に戦で振るっていた采配など珍しいものがたくさん展示してあった。

 

その中でも一番興奮したのが水戸黄門の台本だ。

f:id:primarycell:20170305150823j:plain

コレさ、小さくて見えないけど印籠を見せるシーンの台本なのよ。つい読んじゃったね。ホント水戸黄門って面白いから好き。

 

 

f:id:primarycell:20170305145748j:plain

隣には愛用のあかざの杖も有るし最高だったわ。

 

でさ、ミュージアムも後半に差し掛かろうという時に気付いたんだけどさ、来館者の9割近くが女の子なのよ。入場券貰うのに待ってるときも確かに男の人は居なかった。

じゃあナゼだろう?コレだった。

 

f:id:primarycell:20170305145618j:plain

あぁ、なるほどスゲー納得した。そりゃそーなる。だって人気だもんな刀剣乱舞。

確かに一振りの刀だけ仰々しく展示してあったから、なんかオカしいなとは思ってたけどさ。

ファンの子たちが居なくなったころ、ゆっくり写真を撮ることにした。

 

f:id:primarycell:20170305145821j:plain

うん、刀だ。もともとは伊達ちゃんが持ってたと。

その隣にも擬人化されたイラストのパネルがあったけど、コレは多分オレのせいではない。

 

f:id:primarycell:20170305145806j:plain

真正面だよ?フツーこうなるかな?ピンポイントで顔が隠れるんですけど・・・オレはいいのよ、他の人困るんじゃねぇかな・・・

 

もっと奥に行くと徳川家の人が愛用してた1955年式ローバーがあったり

f:id:primarycell:20170305145633j:plain

 

みんなご存じの印籠もあった。 

f:id:primarycell:20170305145604j:plain

こうやってみると印籠って結構細いのね。

 

f:id:primarycell:20170305145546j:plain

 

中の展示物を見終わり、さて帰ろうとしていた時のこと。

f:id:primarycell:20170305145704j:plain

金ぴかに光った彼がベンチで悠然と佇んでいた。光圀公だ。

 

f:id:primarycell:20170305145721j:plain

写真撮った。顔が固いな光圀公。笑って笑って!

 

反対側にも誰かが居た。家康公だ。

 

f:id:primarycell:20170305145734j:plain

もちろん一緒に。着物だから案外ベンチのスペースの半分を占めてるのね。

 

徳川トップ勢との記念撮影が終わって満足したオレは、すっかり偕楽園の件を忘れてルンルン気分で次の場所へ。

 

ひょうたん美術館だ。なにを隠そうオレはひょうたんが好きなのだ。

よく時代劇とかに登場する荒くれものが、腰にひょうたんをぶら下げて酒を煽っているのを見たことあるだろう。アレが凄く好きなのだ。

ピチっと七三分け、パリッとしたスーツからスキットルではなく、生やしっぱなしのボサボサ、着崩れた和服からひょうたんが最高にイカしてる。そうに違いない。

 

 意気揚々と館内へ。そこでは100年物のひょうたんや、ひょうたんにひょうたんを束ねた物、さらに1m以上のひょうたんまである。

また、刀の鍔であったり火縄銃、兜や桐箪笥など装飾にひょうたんが入っているものまであった。

そしてひょうたんとは別に数々の名品も見せてもらった。

鶴の刺繡が綺麗な女性用の着物や本べっ甲の櫛、日本軍高官の軍服や多くの勲章、果ては皇族の衣装まで滅多に目にかけられない代物だらけだった。

なんつーのか、文では全てを伝えきれないのがとても惜しいくらいステキな場所だった。道具を大事にしたり出来る人や、小さい頃そういう教育を受けてきた人にはオススメのスポット。行って品々を見てるとスゴイ楽しいと思う。

 

そうだ、ひょうたん買ったんだった。ひょうたん自体に魔除け効果のあるらしいから、玄関用に小さめのを買った。成型して作ったヤツじゃなく、マジひょうたん。効果があると良いな・・・

 

とテンションは朝から夕方にかけて尻上がりに上っていき、鉾田のJA直売所で美味しい干しイモ買って帰りましたとさ。おしまい。

 

おまけ

 

f:id:primarycell:20170305151213j:plain

徳川ミュージアムに展示されていた雛人形。野球部に1人は居そうな顔立ちで笑った。

 

f:id:primarycell:20170305151235j:plain

ひな壇の中に1人だけ歴戦の猛者的なヤツが居た。強そう。